2010年02月11日

「道歩くと前後から襲われそう…」アキバ事件、トラウマに(産経新聞)

【法廷ライブ 秋葉原17人殺傷 第3回公判】(5)11:40〜11:55

 《犯行を間近で目撃した男性に対する検察側の証人尋問が続く。法廷内の大型モニターには事件現場の地図が表示されたままだ。検察官は、加藤智大(ともひろ)被告(27)に突き飛ばされるように見えたという(D)さんについての質問を終えると、次に、自分の周囲でほかにどんなことが起きていたか、詳しい状況説明を求めた》

  [図解]秋葉原駅前 事件現場の見取り図

 検察官「(D)さんが倒れた以外に、自分の周囲で変わったことはありましたか」

 証人「自分の真正面に女性の方がいました」

 検察官「どんな状態でしたか」

 証人「正座を崩した状態で座っていました」

 検察官「道に座り込んでいたということですね?」

 証人「はい」

 検察官「トラックが通り過ぎる前からですか」

 証人「いいえ」

 検察官「後で?」

 証人「はい」

 検察官「女性がいた場所を地図に書き加えてください」

 《検察官に促され、地図上に(E)と書き込む。証人のすぐ目の前だ》

 検察官「ちょうどマクドナルドの前ということですね?」

 証人「はい」

 検察官「その後どうしましたか」

 証人「気分が悪くなったので、友人に『帰ろう』と言って帰りました」

 検察官「あなたはすべてを○印の位置から目撃したということですね?」

 証人「はい」

 検察官「どんな気持ちになりましたか」

 証人「今まで気にしてなかったことですが、この事件をきっかけに道を歩いていると、前後から襲われるのではないかと気にするようになりました」

 検察官「生活にも影響があったということですね」

 証人「はい」

 検察官「写真を示します。この写真の中央で倒れているのが(A)さんですが、トラックに巻き込まれた人と同じ人ですか」

 証人「同じ人です」

 《トラックの助手席側で跳ね飛ばされたという(A)さんの写真を示す検察官。事故現場の写真のようだが、被害者に配慮し、大型モニターには映し出されていない。続いて検察官は別の写真をモニターに表示し、そこに映っている被害者を(F)さんとした》

 検察官「もう一つ、右上に『12時33分10秒』と書かれている写真を示します。このリュックを背負った男性を(F)さんとしますが、この人は男に突き飛ばされた人と比べてどうですか」

 《検察官は、地図と写真で(D)とした人物と、今見せた写真で(F)とした人物が、同一人物であるかどうかを尋ねているようだ》

 証人「同じ人だと思います」

 検察官「なぜそう思いますか」

 証人「リュックを背負っていることと、髪形が同じです」

 検察官「私からの質問は以上です」

 《ここで検察官の証人尋問が終了。村山浩昭裁判長が「続いて弁護人の反対尋問どうぞ」と促すと、男性弁護人が立ち上がり、証人への質問を開始する。感情を出さず、淡々とした口調だ》

 弁護人「(目撃した)○印まではどのように行きましたか」

 証人「東の方から西に歩いてきました」

 弁護人「友人と一緒に?」

 証人「はい」

 弁護人「目撃したとき友人はどこにいましたか」

 証人「自分よりもマクドナルド側にいました」

 弁護人「『ガシャン』という音を聞いたということですがそのときは何をしていましたか」

 証人「友人の方を向いて話をしていました」

 弁護人「そして音を聞いて道の方を見たということですね?」

 証人「はい」

 弁護人「『ガシャン』という音は1回ですか」

 証人「はい」

 弁護人「跳ねられた人がトラックのどの部分に当たったかは見ましたか」

 証人「自分は人が飛んでいるところからしか見てません」

 《弁護人は、証人の記憶や説明のあいまいな部分を浮き彫りにしたい様子だ。引き続き、証人が説明しきれない細かな部分を追及するような質問が続く》

 弁護人「交差点は全体を見渡せる場所ですか」

 証人「1台車が止まっていましたが、見渡せます」

 弁護人「跳ねられた人が影のように見えたということですが、服装は?」

 証人「分かりません」

 弁護人「トラックがバウンドしたということですが、何回くらいバウンドしましたか」

 証人「1回です」

 弁護人「突き飛ばされる人を見たということですが、そのとき交差点の歩行者はどのくらいいましたか」

 証人「よく分かりません」

 弁護人「トラックから出てきた人の周りでよろめく人とかいましたか」

 証人「見ていません」

 弁護人「後から事件を知ったと思うのですが、見た時は何が起きていたと思いましたか」

 証人「交通事故が起きたと思いました」

 弁護人「出てきた人は何をしているようでしたか」

 証人「跳ねた人を救いに行っているのかと思いました」

 弁護人「私からは以上です」

 《弁護人が質問を終えると、別の男性弁護人が小さく一礼して尋問を開始する》

 弁護人「トラックが止まった場所ですが、ブレーキをかけてすぐ止まりましたか」

 証人「はい」

 弁護人「止まってからドアが開くまで30秒くらいだったということですね?」

 証人「はい」

 弁護人「警察には2分と説明していたようですが?」

 証人「はい、そのときはあっという間だったので、長く感じました。でも今考えると30秒くらいだと思います」

 弁護人「ドアは開いたままでしたか?」

 証人「開けっぱなしだった気がします」

 弁護人「出てきた人はふらふら走ってきたということですね?」

 証人「まっすぐでなく、左右に揺れながら走ってきた気がします」

 《証人の言葉からも、事件が一瞬のうちに起き、すぐ側にいても、事態が分からないままに進んでいった様子がうかがえる》

 =(6)に続く

【関連:法廷ライブ】
(6完)「どこに?」「どこですか?」弁護人、位置関係を追及 秋葉原17人殺傷 第3回公判
(4)「フラフラでジグザグのように…」加藤被告、トラック降りて走る 秋葉原17人殺傷 第3回公判
加藤被告が謝罪 秋葉原殺傷 初公判
あたりは血の海…秋葉原殺傷 第2回公判
■特集:法廷ライブ「秋葉原17人殺傷 第3回公判」

<大雪>山形で267センチ 新潟235センチ(毎日新聞)
爆窃団事件 香港から捜査員、銀座の貴金属店を視察(毎日新聞)
雅子さま、なおご体調に波 宮内庁発表(産経新聞)
香港警察が天賞堂の現場で侵入経路を確認 高級腕時計窃盗事件(産経新聞)
小沢氏続投、参院選への影響懸念…政府・民主(読売新聞)
posted by pn2dobaub1 at 08:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月10日

将棋 17歳・里見が初の女流名人獲得 清水に3連勝(毎日新聞)

 将棋の第36期女流名人位戦五番勝負の第3局が10日、東京・将棋会館で行われ、挑戦者の里見香奈倉敷藤花(17)が清水市代女流名人(41)を破り、3連勝で奪取した。里見の女流名人獲得は初めて。元女流棋士の林葉直子さんの15歳、中井広恵女流六段の16歳に次ぐ史上3番目の若さで、女流将棋界で最も伝統のあるタイトルを手に入れた。

 里見は04年、12歳でプロ入り。08年に初タイトルの倉敷藤花を獲得し、09年は防衛。今期の女流名人位戦でも、得意とする力戦調の振り飛車を駆使して、女流将棋界の第一人者である清水を圧倒した。里見は倉敷藤花と合わせて2冠、清水も女流王位と女流王将の2冠となった。

 里見は島根県出雲市在住で、県立大社高校3年生。高校時代最後のタイトル戦で見事な結果を出した。【金沢盛栄】

【関連ニュース】
将棋:王将戦七番勝負第3局始まる 今期初の相振り飛車に
将棋:王将戦第3局 初の掛川城タイトル戦 10、11日
将棋:渡辺竜王が初のA級入り 名人戦順位戦
将棋:佐藤九段降級、三浦八段首位に 名人戦順位戦A級
将棋:74歳・有吉道夫九段が敗れ、引退 現役最高齢

山崎拓氏、自民を離党せず 70歳定年制で非公認も(産経新聞)
民主・石川衆院議員保釈、保証金1200万円(読売新聞)
3人死亡、運転の容疑者「報道でひき逃げ知った」(読売新聞)
有罪判決から65年 「長かった」 「実質無罪」に喜ぶ遺族ら 横浜事件(産経新聞)
マンション14階で火災 大阪・阿倍野(産経新聞)
posted by pn2dobaub1 at 19:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。